読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create a new world

きっと誰もが新しい世界を作り続けているんだよ。

アジャイルサムライ横浜道場でLTをしてました。

タイトルの通りなのですが、4/26に行われた「アジャイルサムライ読書会 横浜道場 特別編」でLTをしてきました。
そこでやったスライドはこちら。

4/12のアジャイルサムライ読書会 横浜道場「みんなをバスに乗せる」の回の懇親会で「航海もプロジェクトだよね」という言葉を聞きました。そこから「航海→海→海軍→戦争=プロジェクト→日露戦争!」と連想しました。それで作ったのがこちらのLTでした。
当初は「高橋是清が外債募集の際に」ということで作っていたのですが、「やっぱり児玉源太郎閣下のほうが話しの流れ的に合うな」ということで方針変更しました。

はじめてのインセプションデッキ

を今回作りました。アジャイルサムライは出た当初に購入していたのですが、インセプションデッキを書く機会はありませんでした。そんな状況ではあったのですが、「GitHubにテンプレがあるよ」と@さんに教えていただいたので、そちらのテンプレを使って作りました。
support/blank-inception-deck at master · agile-samurai-ja/support · GitHub

テンプレがあるって、やっぱり便利ですね。初めて書く場合でも、テンプレに従ってやれば相応のものが作れるので。あと、過去の歴史を元にして書いてみたことで、既に状況やコンテキストを理解している状態で書けたのであまり苦労はしなかったです。時代考証の苦労などはちょっとありますが。
歴史や物語をベースにインセプションデッキを書くのも、練習になっていいかもと思いました。こう書けばいいのかなと思いながらできるので。その後の懇親会で「歴史ものでインセプションデッキ書くのはいいよね」と言ってもらえましたし。

はじめてのネタLT

でもありました。普段は真面目なことしか出来ない自分ですが、このLTを思いついた時「これはとことんネタでいこう。笑いを取りに行こう」と決意してました。
実際の発表では、冒頭のあたりで声のトーンを落として話しました。これは「坂の上の雲」のナレーションを意識してやってました。自分の言葉の部分は自分のトーンで。この落差でウケがとれてました。
失敗だったのは、周りの笑いにつられて発表者である自分も笑ってしまったところ。このあたりはもっと「演じる」ということが出来ないとダメなのかもしれないです。(お笑い芸人さんたちってすごいですよね)

まとめ

ということで、歴史ものインセプションデッキいいですよ♪みんなもやってみるといいよ♪