読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create a new world

きっと誰もが新しい世界を作り続けているんだよ。

母校を訪問してきた。

5/6に母校の高校に行ってきましたのでそこで感じたことをいくつか。

基本的にはあまり変わらない。

校舎建て替えとかがあったのなら別ですが、数年レベルの違いでは、なにかが大きく変わることはないなと。校舎も基本的に一緒ですし、先生方も退職されたり、新しく入ってくる方は当然いますが、そこまで顔ぶれが変わることもなく。生徒のレベルといったものも基本的には変わらないなと。

どんな場所でも凄いやつはいる。

僕の通ってた高校は、あまりレベルの高くない…というか、低いほうの高校なのですが、それでも突き抜けてる人、レベルの高い人はいるもので。
商業系の高校なのですが、電卓検定(というものがあったりします)8段とか、漢検準1級とか相当レベルの高いレベルの資格を取る人がいるようで、びっくりしました。
それだけでなく、僕のイメージで思っていたよりもはるかに高いレベルの大学に進学してる人もいましたし、僕の通っていた当時よりも進学率も上がっているようで。それは先生方の努力、生徒の皆さんの努力の賜物なのでしょう。皆の努力で世界は変わるんだということを感じました。

どんな場所にいても努力で世界は変わる

転職とか進学といった外的要因、自分の提案による組織変革といった内的要因、どちらで発生するかは人それぞれでしょうけど、努力することで、自分の周りを取り巻いてる世界は変わるのかなと思いました。
どんなにレベルの低い高校に通っていても、自分の努力次第では想定外に高い大学に進学することもできるし、ITゼネコン構造の底辺にいても、学ぶ努力を惜しまずその結果をアウトプットすることが出来れば、もっと良い環境にいくこともできるのかなと思いました。
また、いまいる場所に不満をもっていても、それを変えていける土壌があると思えば、必ず変革していくことはできるのでしょう。(自分はその途上ですが。)

まとめ

そんなわけで、母校を訪問して感じたことをつらつらと書いてきましたが、とにかく大事なことは「いまいる場所で精いっぱいの努力をすること」なのかなと思いました。
自分の思い一つで、自分は変われる。自分が変われば周りも変わる。そして世界も変わる。そんなことを教わりました。
GW明け、また日常に戻るとしても、ここでもらった勇気を働く力に変えていこうと思います。