読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create a new world

きっと誰もが新しい世界を作り続けているんだよ。

プチ龍馬伝紀行一日目。

今週のお題「私のゴールデンウィーク

ってことで、昨日の続き。
今日は横浜・横須賀方面を散策しようと決めていたのですが、寝坊して出発が11:30頃という。。。
結局横須賀ちょこっと散策したというでした。

で、どこを回ったのかということを、胸熱度でランキング形式にして書いてみます。

第3位 観音崎


天気悪かったので、眺め悪く残念スポットになってしまった観音崎。天気さえよければ良い景色を楽しめたのかなぁって。
しかし、完全残念スポットというわけでもなく、坂の上の雲を読了している人ならば28サンチ榴弾砲は胸熱だし、28サンチ榴弾砲のある展望園地は真夏のオリオンの撮影地で、これまた胸熱だったりします。
いつか結婚して子供できたら、家族で散策に来てもいいなぁ。なんて思うのんびりスポットでした。

第2位 お龍のお墓

龍馬好きなら胸熱。でも高知に比べたらあまり胸熱ではないスポット。
でも、龍馬好きならば一度はお参りに来ても、回向をしてもいいのではないでしょうか。
お龍さんは龍馬が亡くなってから、ここで亡くなるまで、なにを思って生きてこられたのかとか思いを馳せたりしました。
お寺の境内には龍馬とお龍さんの等身大坐像があったりもします。

第1位 記念艦「三笠」

坂の上の雲を読んでいるorNHKのドラマを見ているならば胸熱間違いないスポット。
過去いろいろあって荒廃した後復元しているということで、まんまそのままというわけではないけれども、日露戦争のときの連合艦隊旗艦が、いまもこうして残っていて、歴史を感じることができるというのはいいですね。

ブリッジの上では、東郷元帥や秋山参謀が日露戦争の際にこのポイントに立っていたよというプレートがあって、そのポイントに立って横須賀の街並みを眺めたときには、同じポイントから景色を見た!とちょっとうれしくなったり。

そして艦内に復元された長官公室

これはもうドラマの世界そのままというか、明治の空気を思いっきり感じられるといった具合の場所で思わず写真をとってしまいました。
ここで、艦隊司令部が動いていたのですねーと胸熱。
ここが一番の胸熱スポットだったかも。


ということで、今日散策したプチ龍馬伝紀行…というか幕末明治紀行でした。

明日はちょっとお休みして、明後日、湯島界隈を散策しようかなぁ〜。